当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

子育て事業部ニュース NO.5




 毎日とても暑く、熱中症が心配です。節電対策で、保護者の就労の形が変わり、それに伴い早朝、土日も保育に対応する地域もでてきています。
 震災を経て、色々な意味で、私たちの生活を見直す時期にきているのだと改めて感じます。みんなで知恵を出し合い、乗り越えていかなければと改めて思います。

【全国の取組みから】

奄美大島森の家くっかるより

 奄美は去年より23日早く梅雨明けでした。お日さまが近くになるな~
…と思っていたら台風5号がやって来て、おうちがゆらゆらしています(^_^;) しかし、この台風はとっても貴重で奄美の自然を守るには必要だとか。たしかにここ3年ほとんど来なかった間に、サンゴが死んだり、やどかりが姿を見せなくなったり…
 今年の夏休みから、くっかるとはまったく反対方向の小さな小学校の学童を始めます。小中学校で小学生は32人。
 「学童がないから毎年学童のある地区に引っ越してしまって、ますます子どもが減ってしまうのです。来年は7人再来年も7人、そしてその次は13人の新1年生が、今現在、住んでいるのでこの子たちはこの地域にぜひとも居てほしくて」と、校長先生からのお願いでした。
 今年は予算が使えるので1人分の人件費はもてるので、後の月11万の予算は必要です。と話し、何回かのPTAで話し合われ現在8名の児童が希望をだしました。8名だとひとり14,000円近く。市に認められた学童は5,000円位なのに。市側は、小さな学校に必要はないしこれ以上作ってほしくない と言うニュアンスの言葉でした。これを聞いて、「絶対に秋までには10人揃えて申請しようね!!」と昨日の夜の話し合いで保護者と気持ちをひとつにしてきました。ちいさな地域だからこそ若い世代にその場所にのこってもらう。過疎化を食い止める。そのための学童。高齢者のこと考えたら子どもの親を大切に考えなきゃって思うのですが…。
 先日、鹿児島に行って基金訓練の申請をしてきました!
 母子家庭の多い島。無資格でなかなか就職できず、生活保護保に頼り、次第に社会復帰が困難になっていく…。この親の姿はこどもにとってプラスではない気が…。なので、がんばります(*^_^*)

さとうきび畑の間の一本道のさきに真っ青な空と入道雲が見ることのできる奄美。
自然のひとつひとつが元気のもとです。

全国のみなさん!ご家族で奄美に癒されにいらっしゃいませんか?

(奄美大島 森の家 くっかる こしま)

被災地とつなぐ絆 第2段!
•復興のシンボル!!復興を願い「はるかのひまわり」を咲かせよう

 はるかのひまわりとは…
http://www5c.biglobe.ne.jp/~akimitsu/haruka-himawari.htm

 平成17年阪神大震災で亡くなった加藤はるかさん(当時11)の自宅跡に咲いたヒマワリが、復興のシンボルとなり「はるかのひまわり」と呼ばれるようになりました。その後中越地震の被災地に届けられ、東日本大震災を受けた当地方にもその種が届いています。
その種が、総代会の時に関西事業本部から届き、全国へ…。
ぜひ、復興を願い、ひまわりを咲かせましょう。全国の子ども達から被災地の子どもたちへ…。今、植えると2カ月程度で花が咲くそうです。長い夏休み、水やりをしたり、お世話をする中で、子ども達の心にも大輪が咲く事を願って…。その種を被災地に送ったり、地域の方にも種を分けて、また植えて育てる…。そんな輪を広げていきましょう。という声に応えて所長会議で種が現場へ持ち帰られました。

熱中症に注意!!子どもの暑さはプラス3℃ 港区札の辻保育室より

天気予報等で発表される気温は、地面から1.5mの高さで測ったものですから、晴れた日は照り返しの熱で、地面に近いほど温度が高くなり、子どもにとって体感温度は大人よりも高いのです。例えば地面から1.5mでは32℃でも地面から50cmでは35℃にもなっています。子どもはプラス3℃の暑さにさらされていることを常に考えて、気をつけましょう。また小さな子どもは自分で症状を訴えることができません。こまめに様子をみて、早目に対応しましょう。
・顔が赤い・ひどく汗をかいている  
・ぐったりしていて元気がない→体温があがっています。
すぐに風通しのよい涼しいところへ移動し、水分を取る。

豊中 子育て応援まーるオープン!お祝いメッセージを届けよう昨年10月にスタートした基金訓練で、出会った5名の基金訓練性のみなさんが、労協の仲間となり
5月から、準備をすすめてきました。いよいよ7月10日に『みんなのきもちをまんまるつなぐ子育て応援まーる』が開所します。ホームサポート事業を中心に豊中の街づくりを目指します。
①まーるは平屋のお家です。
      

②「看板どこにつける?」皆で相談
 

③看板づくりも看板付けも全部自分たちで!
 


〒561-0881 豊中市中桜塚1-14-6 TEL:06-6855-0605 FAX:06-4866-5679
「みんなのきもちをまんまるつなぐ 子育て応援まーる」まで
time2011-07-15 15:13