当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

まごころヘルパー/ 多恵ちゃん日記

2005年3月15日号─

今年は、エリア全体の夢
を描かなければならない


4日
 3日、4日と、九州事業本部のエリア会議が、大分県の九重町で開催された。九重とあったので、私はいつもの早とちりをし、阿蘇の九重かと勘違いしていた。ここは、「ここのえ町」というそうだ。
 今日の課題は、2005年度の事業計画の骨子を作成することである。窓からは3月の忘れ雪が、音もなく降っているのが見える。去年は所長として、自分の夢を描いた。でも、今年は違う。エリア全体の夢を描かなければならない。2004年度の総括をし、結果を分析して来期につなげる。 時々窓に目をやりながら、パソコンと向き合う。7人のエリア責任者も、必死で頑張っていた。完全には出来上がらないので、7日までに送ることにして、散会した。
 私達は杉本事務局長の提案で、帰り道にある日田のサッポロビール工場を見学した。門司から移転した工場である。日田の水がきれいなので、選ばれたそうだ。
 大きな工場に、人の姿は3〜4人しかいなかった。全部コンピューターで制御されていた。試飲をした。やはりエビスビールは美味い! 甘い舌触りで、日頃焼酎党の私も好きになった。苦しくも、楽しいエリア会議であった。皆さん、お疲れ様。
linkLink  trackback 
category総合  time2012-04-10 10:57