当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

まごころヘルパー/ 多恵ちゃん日記

2004年9月25日号─

新聞の取材がくる。もっと地域に
広がるよう懇談会も開かなければ


10日
 今日、読売新聞が取材に来ることになっているので、太田さんを誘い10時過ぎ「太陽の家」に行く。
 メインのKさんは、丁度耳鼻科に行かれる日で欠席、Oさんは骨折で作日入院された。都合4人の利用者しか居なかったがもう来られていて、それぞれ楽しそうにお話されていた。間もなく記者の岡本さんも来られ、色々お話をした。杉本事務局長も、「高齢者の主張」の開催について、趣旨や計画等を話された。
 お昼ご飯の時間になりそれぞれ席に着き、写真を撮られた。もう少し、地域の人達が集まられるように、懇談会を開かなければと思う。そのうち新聞に載ると思うので、気をつけておかなければと思っている。
11日
 商店街活性化とパワーリハビリ機導入について、お願いしていた県議の森下さんから「公明党主催の列島縦断フォーラム(介護保険の制度見直し)があるので、参加しませんか」とのお誘いを受け、小林所長、田中さん、太田さんと4人で出席した。
 来年行われる市議会議員選挙のお願いもあったが、9人の国会議員が同席し、末吉市長も出席されていた。350人くらい集まり、会場は一杯になった。政調会長の提起があり、それぞれ質問や意見が述べられた。いつも私達が思っていることが報告された。
 やはり介護保険は、高齢者、障害者が優先されなければいけない。又介護者のためにもある。施設はお金を取りすぎると思う。誰しも自分達の地域で、住み馴れた我が家で暮らし続けたい。
 公明党は、介護予防に力をいれているとも言われた。
 筋肉トレーニングマシーンを宣伝されていた。「これだ」と思った。発言の人数が多かったので私まで言えなかったが、後でFAXするように言われたので、早速そうしようと思う。森下さんも「今後ともよろしく」と、奥さんも紹介され、会場をあとにした。
linkLink  trackback 
category総合  time2011-12-08 14:28