当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

まごころヘルパー/ 多恵ちゃん日記

2004年9月15日号─

今年7回目、恐ろしいくらいの
台風で、わたしも心細かった


 
6日
 団会議のため、杉本事務局長が来られるので、ついでに不動産屋に連絡し商店街を見てもらう。皆さん、いいねと褒めて下さった。大分改修しなければならないが、家賃15万円のところ、10万円にしてくれた。
 とにかく商店街を賑やかな街にして、高齢者が元気で集まられるように、頑張りたい。提案書を商店街に見せるので、出して下さいとのことで早速、作らなければと思う。
7日
 大型の台風18号が又やってきた。今年7回目で記録破りだ。今度は一番ひどく、ヘルパー達にも怪我のないように、田中さんが連絡していた。日が変えられる人には翌日にお願いし、私も自宅待機していたけれど、恐いくらいの風が吹いて心細かった。
 夕方、少し風が静まったころ小林所長から電話があり、“こころ”のシャッターが壊れたという。家主さんは、保険で交渉するので、写真を撮っておいてほしいと言われた。太田さんとこころに行った。全部剥がれていた。小林さんが写真を撮った。でも、何処にも当たらず、誰にも怪我がなかっただけ幸いだった。
8日
 台風一過で、今日はさわやかな初秋のお天気になった。あちこちに、木の枝や枯葉が散乱している。看板も倒れたり、ガラスが飛び散り、被害の大きさを物語っていた。
 九州事業本部の地域福祉事業所長会議があるので、田中さん達と博多に行く。昨日の台風で電車がストップしたので、今日は満員だった。案の定台風の影響で、所長達も欠席が多かったが20人くらい集まった。
 宮崎さんに、自治体戦略のお話をして頂いた。又所長としての役目も話された。さすが長年の経験がいかされた話だった。ゆりかごの杉崎さんは、ロシアでの悲惨な事件を繰り返さない話をした。全員がそれぞれの現状報告をし、本部長がアドバイスをされた。
 「うみ」の久保田さんも悩んでいる。若いだけに大変と思うけれど、がんばってほしい。今が正念場だと思う。
 まごころも、商店街空き店舗のパワーリハビリ機導入のデイに向けて、田中さんと決意を新たにした。東京でのケアワーカー研修会に出席する人を決めて、散会した。又明日に向けて挑戦して下さい。お疲れ様でした。
linkLink  trackback 
category総合  time2011-12-08 14:26