当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

まごころヘルパー/ 多恵ちゃん日記

2003年4月15日号─

4月3日
 桜が今、春爛漫と咲き誇っている。今日は「まごころの家」の日でお花見を計画していたが、朝から曇りだし気温も低いので取りやめにした。部屋の中にお花を飾り、お寿司とハマグリのお吸い物などで会食をした。
 お昼頃からお天気になり少し暖かくなってきたので、又思い直し、帰りを早めた。途中きれいな所があるので、皆を分乗させ出掛けた。本当にきれいで皆大喜びだった。1本ならそうでもないのに沢山並
んでいると、ピンクの桜並木で心までピンクに染まるようだった。幸せを感じながら皆をそれぞれの家に送りとどけた。今日は良く眠られることだろう。
 Oさんを家まで送ると、上がれ、上がれと云われる。やはり寂しいのだろうと家の中に入る。人気のない家は本当に侘しい。ここで1人生活されるOさんが可愛そうになる。テレビが唯一本当に友達だ。少し痴呆があるので火の始末も気になる。かと云って施設も侘しい。
 何処にいけばいいのか?
 子供、孫に囲まれ大家族の中が幸せなのか?
 人それぞれではあるが、元気なうちに自分の老後の居場所を考えておく必要があることを、つくづく思った。
 Oさんお疲れさま、今夜は良い夢を見てね。
linkLink  trackback 
category総合  time2011-01-06 14:34