第12セッションは、「森・川・海でつながる四国の未来像」です。

報告者の一つである、「里山の風景をつくる会」

吉野川上流の、高知県苓北地域の木材を使って、下流の徳島市の団体「里山の風景をつくる会」が、モデルハウスをつくり、販売しています。

20101003-看板.JPG

20101003-おうち外観.JPG

居間は、とても明るくて本当に素敵です☆
20101003-居間.JPG

20101003-原田さん.JPG

キッチンも、木材が中心。
20101003-キッチン.JPG

日本の木材を売る仕組みが、川の上流と下流の連携でつくられています。

里山の風景をつくる会
HP  http://www.enjoy-satoyama.jp/