カテゴリー: 香川
投稿者: 青木 未知
お久しぶりです。
全国協同集会in四国は、約2,400名の参加で盛大に終えることができました。
多くの皆様、ご協力ありがとうございました。
お礼申し上げます。

ところで、実行委員会は、集会後のつながりを大事にしようという方向です。
例えば徳島実行委員会は12月16日15:00から、ホテル千秋閣にて反省会&お疲れ様会を開きます。
ぜひご参加ください。

さて、集会にはパネリスト以外にも、多くの良い実践をしている人たちが参加していました。
その一つに、「ファームかがわ」があります。
細井さんは、ずっと実行委員会に参加していました。

細井さんは、障がい者とともに農業をし、その野菜を自らが経営するレストランにおろしています。
2010120image(20101202-記念樹上2.JPG|547|410|20101202-記念樹上2.JPG)

畑は、高松市から30分程度のキレイなところにあります。
果樹を植えています。
20101202-キレイな棚田2.JPG
20101202-畑2.JPG

私たちも記念植樹しました。
20101202-記念撮影2.JPG

集会本番までの半年間で、集会で発表できないほどの多くの出会いがありました。
みなさんありがとうございました。
カテゴリー: 香川
投稿者: 青木 未知
協同集会は、各県で新しい団体を訪ね歩く段階が落ち着き、県域を越えて11月14日の13セッションを組み立てる段階となりました。

この日は、第2セッション“地域の未来を支える「共生」の社会づくり”に参加する、喝破道場の野田大燈さんを訪ねました。
道場は山の上にあり、車酔いをしてしまいました。
自然豊かな素敵な場所にあります。
20101003-道場看板.JPG

今の子供たちは、「生きる力」を身につけていないと、野田さん。
道場では、世代を超えて、生きる力を身につけます。

10年前からつくっている、ハーブ園。
心身ともに癒されます。
栽培・加工・販売を通して、子どもたちの働く場、自立支援の場になっています。
20101003-ハーブ園.JPG

自然栽培「禅ハーブティー」が飲めるカフェをオープンしました。
20101003-カフェ.JPG


落ち込んだ時に飲むと心が明るくなる「太陽の祭り」
20101003-太陽の祭り.JPG

いろいろな種類を販売中。
20101003-ハーブティー販売.JPG

ぜひ訪ねてみてください!

HP 
http://www.kappa.or.jp/
カテゴリー: 香川
投稿者: 木下 博行
 協同集会に向け、香川のいろいろな団体・個人を訪問。
今回は、元四国学院大学の伊藤公洋先生と、まんのう町の本田理恵さんからの紹介でお会いした方々をお知らせします。


 「豊島は私たちの問題ネットワーク」事務局長 真鍋宣子さん

 高松市内に住む真鍋さんは1996年から豊島の産廃問題に取り組んでいます。真鍋さんは当初、「行政は何とひどいことをするのか!」という怒りからこの活動を始め、この問題は自分たちの問題だと運動を広げてきました。現在、豊島で「棚田くらぶ」をつくり「米作り体験」の仲間を募集したり、「アースデイかがわin豊島」(アースデイ:だれもが自由にその人なりの方法で、地球の環境を守る意思表示をする国際連帯行動)を主催するなど多彩な活動を進めています。お忙しい中、実行委員会への参加も快諾いただきました。


 「むれ源平石あかりロード実行委員会」委員長 松山滋さん

 このイベントは2005年から続いている牟礼で採れる庵治(あじ)石を使った「石あかり」を並べ史跡と史跡をつなぎ「源平史跡」の案内にするというもの。幻想的な街並みが醸し出されます。ただイベントとして終わらせるのではなく「むれ源平まちづくり協議会」を発足させ、「石あかり」と「まちづくり」をコラボレーションさせると言う取り組みになっています。松山さんは石材運送を営んでいますが、自らも作品を制作。協同集会への参加を検討いただいています。

20100702-050.JPG
  (松山さん製作の石あかり)


 小路陽光さん(オカリナ製作・奏者)

 丸亀市に住む小路さんは、自らオカリナを製作し演奏されると言う香川だけでなく全国でも知られた方です。オカリナは最も古い楽器で2オクターブの音域を持っています。本物のオカリナは焼物であるため製作も微妙な調整が求められる作るのが難しい楽器です。庵治石を使ったオカリナも製作。さぬき漆を施したオカリナはまさに芸術品です。その場で聞かせていただいたオカリナの音色は素晴らしいものでした。実行委員会でも一度ご披露いただくことになっています。

20100702-056.JPG
  (小路さんの作成したオカリナ)


 「命の応援舎」代表 山本文子さん

 高松で「ぼっこ助産院」を開院し、併せてNPO法人「命の応援舎」代表でもある山本さんは、全国で講演活動をしている知る人ぞ知る有名な助産師さん。助産師としての仕事を続けながら、中学校、高校で「性とは心が生きること」「性教育はいのちの教育」などの講演を行なってきました。お会いした時にも妊婦さんに少し待っていただきお話を伺うと言うあわただしい中での訪問でした。実行委員会への参加は難しいようですが、2日目のセッションには登場いただけるかもと思っています。お会いした時に、小豆島でまちづくりに取り組んでいるホテルの経営者もご紹介いただきました。

まだまだ香川には素晴らしい方々がおられます。おいおいこのブログや「香川ニュース」でご紹介していきたいと思います。
カテゴリー: 香川
投稿者: 木下 博行
 6月27日香川高齢協の総代会がホテルマリンパレスさぬきで開かれました。この総代会でも協同集会の取り組みが報告され、参加された総代全体でその成功を誓い合いました。提案された議案はすべて全会一致で採択されました。総代会には高松丸亀町商店街振興組合から古川恭造常務理事が来賓として出席、古川康造理事長のメッセージを代読。「多くの視察が訪れるが、丸亀町商店街振興組合の協同の仕組みを紹介、注目されている。商店街も公共への目覚めが必要。」と挨拶されました。
 終了後の懇親会では、香川高齢協劇団「エルダーキャッツ」の小西さんの司会で、元気な高齢者が輝やく楽しいひと時を過ごしました。
 後日エルダ―キャッツの練習を覗かせていただきました。エルダ―キャッツは7月4日サンポートホールで、「さぬきの寅さん夕焼け雲」の公演を行ないます。

20100702-048.JPG
   (挨拶される古川恭造常務理事)

20100702-051.JPG
   (エルダーキャッツ公演の練習風景> 


カテゴリー: 香川
投稿者: 木下 博行
 5月28日、香川高齢協・宮崎さんと訪問行動を行ないました。
 前回、自治体訪問で三豊市の菜の花プロジェクトのポスターを見かけたのがきっかけ。東京に戻って仲間に聞いたら既につながっている人や団体も。ネットワークを求めていざ訪問!
 訪問したのは、鵜足津福祉会知的障がい者施設高瀬荘、三豊菜の花プロジェクト合田代表、香川県ボランティア協会、香川大学古川尚幸研究室、四国EPO。
 高瀬荘は環境関連事業としてのBDF製造を通して障がい者の就労支援を行なっています。大きな授産所でBDF以外にも製造事業も。
 合田さんは香川ボランティア・NPOネットワークの会長理事でもあります。合田さんの紹介で四国EPOも訪問することが出来ました。
 古川研究室は三豊菜の花プロジェクト研究会の連絡先になっています。先生は菜の花プロジェクトだけでなく、直島の振興を学生と共に研究・支援を行なっており、「さぬき瀬戸内塾」もご紹介いただきました。
 四国EPOは環境省の出先機関ですが、愛媛のNPOが運営しているとのこと。合田さんに紹介いただいたスタッフの松本さんにお会いし、協同集会への協力を要請。松本さんは協同集会と私たちの取り組みに関心を寄せていただきました。
 夜は、豊島で農業法人を営み、高松でオーガニック食堂を経営している元県会議員の石井亨さんと懇談。面白いお話をいろいろお聞きすることが出来ました。石井さんの経営する「大日本社員食堂」は地産地消を目指し、店頭で「百姓一揆」という野菜販売所も設けています。食堂の命名の由来は、「日本という国(会社)で一生懸命生きている(働いている)全ての皆様のための安心・安全という言葉が普通なんだということがわかる食事を提供し、毎日の食事で自然と健康になるように。」とのこと。
 下の写真はそのお店の模様です。毎朝10時くらいに農家の方が野菜を持ち込み店頭で販売する仕組みです。翌朝伺ったのですが、時間が早くまだ野菜は届いていませんでした。写真の棚に野菜が並ぶそうです。

null

カテゴリー: 香川
投稿者: 木下 博行
四国の協同集会は既に高松市が後援を約束していただいていますが、その他の香川県内の自治体にも後援をお願いしようとご挨拶に伺いました。5月7日に観音寺市、三豊市、まんのう町、琴平町を訪問しましたが、この4自治体は既に「協同労働の協同組合法」制定促進の意見書を採択いただいているということもあり、是非後援をお願いしたいと思っています。4自治体とも拒否反応はありませんが、所定の手続きが必要ですからご検討をお願いすると言うことになっています。
訪問した中で、三豊市は「菜の花プロジェクト」の取り組みを行政がバックアップして行なっているようで、香川大学にもその連絡先がおかれています。政策課職員の方が関係者へ繋いでくれることを約束いただいていますので、次回訪問でいろいろな方々に会えるのではないかと楽しみにしています。

高松空港へ向う時に、ビルの上に巨大なクリップを発見しましたのでアップしてみました。
香川にはまだまだ面白いものがありそうです。

20100513-巨大なクリップ.jpg
カテゴリー: 香川
投稿者: 木下 博行
4月28日、栗林山荘において学習会が持たれ、36名が参加しました。
センター事業団中四国事業本部岡本さんを講師に、協同集会の歴史と開催意義、「協同労働の協同組合」法制化について、2012年の国際協同組合年について等を学習。質問は「協同労働の協同組合」に集中、関心の高さを感じました。今度の協同集会はおそらく法制化された中での集会になるはずです。
学習会には、NHK「ご近所の底力」にも登場した、香川県さぬき市大川町地区の「愛の一皿運動」(町ぐるみでお年寄りの食卓を豊かにする妙案を実行。食事作りが大変になってくるお年寄りに、地域の主婦が中心となり、週に一度おかずを届ける運動)の女性3人の方々も参加されました。
20100512-香川実行委員会学習会.jpg