カテゴリー: 総合
投稿者: 青木 未知
徳島で(株)阿波農産が有機農法で栽培している「ツルを呼ぶお米」をいただきました。

池袋の事務所で炊いて、徳島プレ祭りを開催!

20101009-ツルを呼ぶ米.JPG

なすの味噌汁に、スダチを入れて食べました。
わかめはもちろん、鳴門産です。
徳島のスーパーで買ったお味噌をご飯の上にのせました。

20101009-おかずいろいろ.JPG

20101009-ねこまんま.JPG

おいしかったです!
20101009-おいしいよ~.JPG

ツルを呼ぶお米は、第1セッションで報告するコープ自然派を通して関西&四国でのみ、流通しています。
「お弁当の日」を実践しながら、11月13日の集会1日目&14日第1セッションの竹下和男先生の講演に備えているメンバーです。

カテゴリー: 総合
投稿者: 青木 未知
第2セッション“地域の未来を支える「共生」の社会づくり”で報告する、埼玉県岩槻市に事務所を構えるNPO法人ほっとポットを訪ねました。

事務所は、落ち着く平屋でした。

20101009-ほっとポットおうち.JPG

20101009-ほっとポット看板.JPG

ほっとポットは、生活困窮者への相談支縁活動を行っています。
県内で「地域生活サポートホーム」をつくり、支援者の居住を確保したり、行政の社会福祉サービス手続きのお手伝いをしています。
拠点は20か所、108名が現在ここを利用しているそうです。
利用者の約8割は埼玉県出身ということ。

スタッフ7名は20代。
代表の藤田孝典さんは、「なんで福祉の枠からもれる人たちがいるんだろう」という疑問から、この活動をはじめたそうです。
障がいを持つ人、借金を抱える人、刑務所から出てきた人、背景は様々です。
私が住む地域にある病院にも、帰るところがないたくさんの人がいると、藤田さんから聞きました。


行政が担うことができない福祉の領域を担おうとする若者、
そこから見えてくる、生活困窮者の実態。


第2セッションで報告してもらいます。



カテゴリー: 総合
投稿者: 木下 博行
協同集会事務局の坂本 明さんからの情報です。

 「まいまい亭」といいます。亭主は禅の茶料理、精進料理、普茶料理を経て
昔ながらの食材と調理法で郷土の時代料理を現在に再現して提供してくれます。

今のお店は「流 正之」先生の指導の下に建てれたのですが、前の店は「イサム ノ
グチ」先生が
新婚当時住んでいた「北大路路山人」の離れの家を再現したデザインだったそうで、
先生もよく来られていたようです。

やまめを3日間煮た江戸時代の料理を再現した「ひらら煮」を「イサム家(や)」に
よく届けていたそうです。
ヤマメの姿がそのまま骨董のお皿に乗って出された時は、ファンの「イサム ノグ
チ」が食していたものと
同じものを食べているのだと言う感動で胸が一杯になりました。
とてもやわらかく、口の中に入れればとろけるなんとも言えない美味しさです。
お酒も美味しい、ワインも美味しい、ゆっくりご賞味下さい。

「流 正之」先生も北海道の出張の帰りによく立ち寄るそうで、お店でお会いできる
かもしれませんよ。


「まいまい亭」
高松市東田町18-5(田町アーケード出てすぐ左)
087-833-3360

20100703-まいまい亭料理.JPG
(まいまい亭の料理 やまめのひらら煮他)

20100703-まいまい亭マスタ-.JPG20100703-まいまい亭ママ.JPG
     (まいまい亭のご主人と奥さん)
カテゴリー: 総合
投稿者: webmaster
協同集会に関わる情報公開・交換のために活用してください。
20100422-sky05.jpg