労働者協同組合(ワーカーズコープ)

 

労働者協同組合(ワーカーズコープ)とは 

 ワーカーズコープは、働く人びとや市民がみんなで出資し、経営にみんなで参加し民主的に事業を運営し、責任を分かち合って、人と地域に役立つ仕事を自分たちでつくる協同組合です。
 働く人たち、サービスを利用する利用者や家族、地域に住む人たちと“協同”しながら、みんなで事業を運営します。
そして、意見を出し合い、話し合いをしながら、新しい仕事や地域活動に挑戦します。

 みんなで協同し、「ともに生き、ともに働く」社会をつくる『協同労働』を地域のみなさんに伝え、誰もが安心して暮らせるまちづくりを目指しています。

 

運動・事業の理念

 私たちは40年近く、地域にとってのよい仕事は何か、働く人が自分らしく、主体者となって働くにはどうすればいいかを問い続けてきました。
 働く私たちが主体者となって、仕事を通して成長・発展できる働き方を探す中で、『協同労働』という働きかたを生み出し、“労働者協同組合(ワーカーズコープ)”という組織のあり方を創り出してきました。

 病院清掃から始まった事業は、現在、子育て・ケア・第一次産業・若者・困窮者支援等の多様な分野へと広がっています。事業が拡大する中でも、私たちはみんなで出資し、みんなで経営する『全組合員経営』を実践してきました。
 そして、みんなで協力し協同の力でさまざまな分野の仕事に挑戦し、私たちの暮らし全般に関わる仕事へと事業分野が広がっています。また、地域福祉や子育て、公共サービスなど、暮らしを支える事業を行う中で利用者や地域の人たちと協力・協同することの大切さを日々学んでいます。

 私たちがめざす『社会連帯経営』は、組合員だけが地域づくりに踏み出すのではなく、日々出会う地域に暮らすすべての人が地域課題に関わりを持ち、協同・連帯しながら地域を再生・発展させるための経営目標です。

 

協同労働の協同組合の原則

 

●宣 言●

 

私たちは、発見した。 雇われるのではなく、主体者として、 協同・連帯して働く 「協同労働」という世界。 一人ひとりが主人公となる事業体をつくり、 生活と地域の必要・困難を、働くことにつなげ、 みんなで出資し、民主的に経営し、責任を分かち合う。 そんな新しい働き方だ。

私たちは、知った。 話し合いを深めれば深めるほど、 切実に求められる仕事をおこせばおこすほど、 労働が自由で創造的な活動になればなるほど、 人間は人間らしく成長・発達できる、ということを。

私たちは、直面している。 人間、労働、地域、自然の限りなき破壊に。 だからこそ、つくり出したい。 貧困と差別、社会的排除を生まない社会を。 だれもがこころよく働くことができる完全就労社会を。 あたたかな心を通い合わせられる、 平和で豊かな、夢と希望の持てる新しい福祉社会を。

私たちは、宣言する。 「失業・貧乏・戦争をなくす」という先人たちの誓いと、 「相互扶助」「自治と連帯」「公平と公正」という 国際的な協同組合運動の精神を引き継ぎ、 協同労働を基礎にした社会連帯の運動を大きく広げ、 市民自身が地域の主体者・当事者となる、 自立と協同の新しい時代を いま、ここに、共に、切り拓くことを。

 

●原 則●

 

協同労働の協同組合は、共に生き、共に働く社会をめざして、市民が協同・連帯して、人と地域に 必要な仕事をおこし、よい仕事をし、地域社会の主体者になる働き方をめざします。尊厳あるいのち、 人間らしい仕事とくらしを最高の価値とします。

 

1. 仕事をおこし、よい仕事を発展させます

  1. 生活と地域の必要と困難、課題を見出し、人と地域に役立つ仕事をおこします。
  2. 働く人の成長と人びとの豊かな関係性を育む、よい仕事を進めます。
  3. 仕事と仲間を増やし、働く人の生活の豊かさと幸せの実現をめざします。

2. 自立・協同・連帯の文化を職場と地域に広げます

  1. 一人ひとりの主体性を大切に育てる職場と地域をつくります。
  2. 建設的な精神で話し合い、学び合い、連帯感を高めながら、みんなが持てる力を発揮します。
  3. お互いを尊重し、一人ひとりの生活と人生を受け止め合える関係をつくります。
  4. 人と地域を思いやる「自立・協同・愛」の文化を職場と地域に広げます。

3. 職場と地域の自治力を高め、社会連帯経営を発展させます

(1)全組合員経営を進めます。

  1. 働く人は、基本的に全員が出資し、組合員となり、出資口数にかかわりなく「一人一票」で経営に参加します。
  2. 組合員は、「話し合い」と「情報の共有」を大切にし、事業計画を定め、事業経営を発展させます。
  3. 組合員は、役員やリーダーを基本的に組合員の中から選び、お互いに協力し合います。

(2)社会連帯経営を発展させます。

  1. 組合員と利用者・地域の人びとが、地域づくりの主体者としての連帯性を強め、仕事をおこします。
  2. 地域全体を視野に入れ、全ての世代を結んで地域づくりのネットワークを広げます。
  3. 当事者・市民主体の豊かな公共をめざし、自治体・行政との協同の関係を築きます。

4.持続可能な経営を発展させます

  1. 事業の継続性を高め、新たな仕事をおこすために、赤字を出さず、利益を生み出します。
  2. 経営の指標と目標をみんなで定め、守ります。
  3. 事業高の一定の割合を、事業と運動の発展のための積立金として積み立てます。
  4. 期末の剰余を次の順序で配分します。

    1. 「仕事おこし」「学習研修」「福祉共済」の基金
    2. 労働に応じた分配
    3. 出資に対する分配(制限された割合以下で)
  5. 積立金と基金は、組合員には分配しない協同の財産(不分割積立金)とし、世代を超えて協同労働と仕事おこしを発展させるために使います。

5 .人と自然が共生する豊かな地域経済をつくり出します

  1. 地域の資源を生かし、いのちの基礎となる食・エネルギー・ケアが自給・循環する社会を地域住民と共に創造します。
  2. だれもが安心して集え、役割の持てる居場所を地域につくり出し、総合福祉拠点へと発展させます。

6. 全国連帯を強め、「協同と連帯」のネットワークを広げます

  1. 協同労働の協同組合の全国連帯を強め、運動・事業の経験を交流し、学び合います。
  2. 各種協同組合との間に「まちづくり・仕事おこし」の提携・協同を強めます。
  3. 市民組織や事業体、労働団体、大学・研究所、専門家等と連携を強め、いのち・平和と暮らし、人間らしい労働、基本的人権、民主主義を守り、発展させます。
  4. 労働と福祉を中心とする制度・政策をよりよいものにしていきます。

7. 世界の人びととの連帯を強め、「共生と協同」の社会をめざします

  1. ICA(国際協同組合同盟)への結集をはじめとして、国際的な協同組合運動に参加し、発展させます。
  2. 協同労働の協同組合とその運動を、東アジアを焦点に世界的に発展させます。
  3. 戦争や環境破壊をはじめとする人類の危機を直視し、「資本のグローバル化」による大量失業と人間の排除に対して、「民衆のグローバルな友好・連帯」を強めます。

 

2015年6月27 日
日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会第36 回定期全国総会にて採択