当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

2009-09-16

東京都墨田区・いきいきプラザ

20100301-006_01
ワーカーズコープが指定管理者として5年前から運営している東京都墨田区の「いきいきプラザ」(高浜和行所長)では、12カ所での「出張体操」など、健康体操を広げ、参加者はこの1年で延べ1万4400人にのぼっている。

ワーカーズコープは、区に提案し、介護福祉士や看護師らを対象にした「介護予防サポーター養成講座」を開き、さらに3カ月間の「ステップアップ講座」を受けると指導員になれる仕組みをつくった。体操会場は、区が運営する65歳以上を対象にした憩いの場、長寿室などを活用し、手が挙がった所から開始。現在は12カ所に広がり、依頼に応えきれないほど。

いきいきプラザでも、当初20人ずつ4クラスで行っていた体操が、今年から25人ずつ7クラスへ拡大。それでも抽選に漏れた人が130人も。この人たちは、町会や民生委員に働きかけ、会場を借り、250円ずつの会費を集め、自分たちで出張健康体操の場をつくりはじめた。シルバー人材センターからも依頼がある。

指導員として活躍するケアマネジャーのMさんは、「普段の介護の仕事とは違い、健康な高齢者の皆さんから、こちらが元気をもらえ、身近な地域の人たちと付き合える」と話し、介護保険の枠を越えた介護予防、健康づくりの活動を地域に根ざしてできることを喜んでいる。

しかも、わずかだが、収入にもなる。健康体操での収入は今年600万円。来年は「ステップアップ講座」に予算がつき、800万円を超える見込みだ。

いきいきプラザは、健康体操だけでなく、パソコン、書道、絵はがきなど、利用者160人が先生役でボランティア登録。利用者が利用者に教え、教えられ、「互いに楽しめ、互いに注意し合えるような関係」(高浜所長)が広がっている。

(労協新聞9月16日号に詳報掲載)
linkLink  trackback 
category総合  time2009-09-16 00:08