当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

2009-09-25

千葉県白井市公民センター

20100301-005_01
ワーカーズコープは、08年4月から千葉県白井市公民センターを指定管理者として運営。工業団地の中心にあり、あまり知られていなかったが、「公民センターに血を通わせるんだ!」と奮闘。今年度は「地域に求められる居場所づくり」をテーマとし、 夏休みには子どもたちの居場所づくりをと、工作や料理教室、さらに体育館の開放など、自主事業に取り組んだ。

夏休み期間の自主事業は12回。 「男の子のためのこどもクッキング」では、お好み焼きづくりに挑戦。卵を割るのは初めてという子がいれば、「オレ、小口切り、この前公民センターでやったもん」と得意げに話す子も。 「こども染物教室」は、趣旨に賛同した地域住民が協力。タマネギの皮を使い、淡い茶色に染め上がっていく作品をみて、子どもたちは驚きと満面の笑顔。

こうした取り組みが定着するなかで、親子でお弁当をもち、1日を公民センターで過ごす様子も見られるようになった。 周辺の工場で働く人たちの来館も増えてきた。引っ越してきた人たちも顔を出し、古くから住んでいる方との交流の場にもなっている。

職員は、「こんにちは」と声をかけ、よく利用する人には、「おかえりなさい」と挨拶。

松田敏幸所長は「最近僕は、協同労働とは“つながり”だと思うようになってきた。人と人とのつながりが希薄な世の中と言われますが、この公民センターで、つながる機会を生み出せていければ。そして、この地域に住んでいて良かった、と思ってくれる人が増えてくれればと心から望んでいます」と話している。

http://shiroi.roukyou.gr.jp

(労協新聞9月25日号に詳報掲載)
linkLink  trackback 
category総合  time2009-09-25 00:06