当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 57 | 58 | 59 |...| 69 | 70 | 71 || Next»

2010-09-05

生活保護受給者支援へ新しい試み

埼玉県が「チャレンジ事業」─ワーカーズコープが受託、失業者と推進


 埼玉県は、緊急雇用創出基金事業等(国)を活用して「生活保護受給者チャレンジ支援事業」(予算4億1580万7千円・職業訓練、住宅、教育支援の3事業・9月~3月末)を開始。NPO法人ワーカーズコープ(東関東事業本部)は、「職業訓練支援員事業(予算1億4575万3千円)」を担い、「社会的排除へ挑戦し、協同労働で誰もが社会の一員として生きていけるまちづくりをめざす事業」と位置づけて、失業者をこの事業の支援員として養成。生活保護受給者を訪問し、自立支援を支えていきます。

3事業が一体となって
 ここ数年生活保護受給者が各地で増えていますが、深刻なのは、「就労の意思があっても、仕事がない」「先の見通しがない」という事態で、世帯主自身の失業状態も多く「貧困の連鎖」が社会問題化しています。
20100907-20100907_01.jpg

 埼玉県が実施する「生活保護受給者チャレンジ支援事業」は、①職業訓練支援員事業②住宅ソーシャルワーカー事業③教育支援員事業の3事業で、都道府県レベルで全国初の事業となります。
 ワーカーズコープは、このうち職業訓練支援員事業を担当、3事業が三位一体になって推進していきます。
 また、「雇用対策」としても考えられ、2つの事業でハローワークを通じて65人近い失業者が就労することになります。
 ワーカーズコープが担う事業は、20代~40代の生活保護受給者の2400人を対象に、家庭訪問をし、職業訓練に結びつけていくもので、事業の主体者として40人を超える失業者を組合員として迎え入れ、支援員として養成していきます。
 その人たちが、生活保護受給者と共に、「当事者自身が協同労働という働き方を通じて社会と関わり、経済的自立だけでなく、他者との関係を築くなど社会的自立へ向かう居場所づくり、地域づくり」を進めていきます。
 9月1日から支援員の面談と養成を開始しました。すでに所沢・越谷・川口・上尾の4カ所に拠点を設置。9月中旬から本格的に始動していきます。

続きがあります
linkLink  trackback 
category総合  time2010-09-07 15:33

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 57 | 58 | 59 |...| 69 | 70 | 71 || Next»