当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

各種事業への取り組み

協同労働による様々な事業に取り組んでいます。

物流事業

生協との提携事業は、関係施設の管理から物流センターの庫内業務、運営管理等の業務、配送業務等を担っています。生協の組合員向けのハウスクリーニング事業を行なっている事業所もあります。
今後、学生の就職問題を契機とした大学生との連携や、森林保全と結んだ雇用創出での森林組合との連携など、地域での仕事づくりに協同組合が貢献していくことをテーマに、いっそうこの提携事業を発展させていきます。

福祉用具の取り組み

20100228-various_01

「福祉用具と住宅改修が先、人的サービスはその後から」をスローガンに「福祉用具を活用し、自力でガンバレるところは自力で生活していく、身体機能が低下したら福祉用具で補いながら低下のスピードを抑えていく」という自立に向けた取り組みを、多くの団体や地域の人々との「助け合い」「協同」「連帯」で普及・推進をはかり、本物のコミュニティケアを実現する事業・運動を全国各地ですすめています。




緑化・環境事業

20100228-various_02

自治体からの委託を受けた、公園の管理・緑化事業は、労協の中でも最も歴史のある事業です。この仕事を通じて、高齢者働く場が作られ、町の緑や公園の緑化を通じて、まちづくりに貢献しています。
  現在、まちの緑を豊かにし、環境づくりに寄与していくための高度化の研究も開始し、屋上緑化やクリーンエネルギーなどの検討もはじめ、実績のある缶・ビンなどのリサイクル事業も含め、環境事業への飛躍に挑戦しています。

労協クラブの取り組み

「協同組合と企業の協同」「企業間の協同」を基本理念として、労協センター事業団の様々な情報を会員に開示し、会員はそれに基づき意見交換、提案、研究等を行い、労協センター事業団とともに事業発展に協力し合うことを目的としています。
東京都内の企業を中心とした東京労協クラブ・みちの会は、1998年、労協センター事業団の理念・運動に共感を寄せている民間企業約100社を中心に創立されました。現在、埼玉県の企業を中心とした「さいたま労協クラブ」の2つが活動しており、他の地域での設立も進められています。