当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

2017-10-07

いま、「協同」が創る2017全国集会

いのち、かがやく 深呼吸 ~ともに生きる今、未来へつなぐために~

人間らしく生きようとすればするほど、閉塞感と生きづらさを感じるようになっていないでしょうか。
社会的困難が増すほどに、協同することの必要性が増す時代。
私たちは、さまざまな社会的困難や課題解決のために、分野や専門の垣根を越えてつながり、人と自然、すべてのいのちが持続・循環し、「ともに生きる」共同・共生する地域づくり、社会づくりの実現に向けて、いま、「協同」が創る全国集会を開催します。















≪1日目・全体会≫ ※全体会プログラムの詳細は現在作成中です。

●記念講演 「人間社会の起源から協同の価値と希望を探る」講師:京都大学総長 山極 壽一氏(予定)

人類はどのようにして社会を成り立たせてきたのか。「協同」の文化を振り返り、その価値と未来への希望をゴリラ研究の第一人者である京都大学の山極総長に語っていただきます。

●パネルディスカッション 「市民が協同で拓く地域とコミュニティ経済の可能性」
コーディネーター:藤井 絢子氏(NPO法人 菜の花プロジェクトネットワーク 代表)
コメンテーター:広井 良典氏(京都大学こころの未来研究センター 教授)
パネリスト:山口 美知子氏(東近江三方よし基金)
豊岡 和美氏(一般社団法人 徳島地域エネルギー 事務局長)
上村 俊雄氏(ワーカーズコープ・センター事業団 但馬地域福祉事業所 所長)

自然と共存し、地域の資源を活かして、私たちはどのように次の経済をつくっていくのか。人が持つ力、人と人がつながることで生まれる大きな力を礎にして、子どもから大人まで、誰もが生き生きと過ごせる地域をつくる方法を探ります。

≪2日目・分科会≫
2日目は「SDGs(持続可能な開発目標)」の諸目標を掛け合わせた20を超える分科会に分かれての開催を予定しています。各分野で実際に活動されている皆さんの実践や気づきについてご発言いただき、持続可能な地域づくりと協同の可能性を考えていきます。ご興味ある分野の分科会にご出席ください。(タイトル及び内容が変更になる可能性がありますのでご了承ください)

❶今こそ、高齢者の”持ち味“を「協同」で、”発揮”するときです。
❷暮らしの自治をきずく。まちよ、次の時代へつながれ!
❸居場所を生み出そう!多世代交流で、地域に賑わいと、新たな出番を。
❹命の多様性を守り育てる地域づくり
❺森は、人の、「生きる力」を、引き出し、蘇らせる。
❻若者たちが地域づくりの主体に
❼子ども・若者の生きづらさ・働きづらさの「支援」「専門性」を問う
❽障がいのある子どもの、「働く力」・「学び」と「学校」
❾障がい者と、「共に働く」、「支え合う」、ドラマチックな職場づくり
❿こどもの学びと育ちを地域づくりに生かす
⓫孤立と排除を生まない、緩やかにつながる地域づくり
⓬制度・政策をかけあわせてつくる地域づくり
⓭地域生活課題と地域文化資源が出会うコミュニティ経済
⓮モノづくりの未来を考える
⓯協同組合の歴史的・社会的使命を問う
⓰トリプルグッドなコミュニティ新時代
⓱せっけんからはじめる循環型の地域づくりと協同労働
⓲エネルギー自治と地域経営
⓳市民と政治の関係を考える
⓴おいでよ!「生の劇」を、観よう!そして語り合います。
㉑「FEC自給圏(食とエネルギーとケアの自立した地域)」を実現するために(東近江)
㉒抱きしめてBIWAKOから30年後の今 里山、里海、里湖を取り戻すことは可能か?(沖島)
㉓湖南のイモ発電・アールブリュット 甲賀の木の駅プロジェクト(湖南・甲賀)
※㉑、㉒、㉓は移動分科会を予定しています。 

エリア
滋賀県
会場
10月7日(土) 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール
10月8日(日) 龍谷大学 瀬田キャンパス
»地図を開く
開始時間
10月7日(土) 12:30-18:00
10月8日(日)  9:30-15:30
参加費
2日間4,000円/1日目のみ3,000円/2日目のみ2,000円
※ 学生・障がい者は、それぞれ上記の半額です。
その他
-
お問い合せ・連絡先
実行委員会事務局 TEL 06-4790-7171
主催
いま、「協同」が創る2017全国集会実行委員会
呼びかけ人
-
共催
-
後援
-
category総合  time11:00  authorwebmaster