当ウェブサイトでは、「ウェブサイトの利便性向上」と「動きのあるデザイン」を目的にJavascriptを使用しております。
これらを正常にご覧になる為には、お使いのウェブブラウザの設定でJavascriptが有効になるように設定する必要が御座います。
詳しい設定につきましては現在お使いのウェブブラウザのヘルプをご参照ください。

緊急通達第2号

日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会
理事長 永戸祐三

3.11大震災の被害が拡大しています。とくに宮城県を中心とした東北地方に被害が
集中しているようです。
統合本部としても、当該の地域にお住まいの仲間の安否を早急に確認すると共に、
物心両面での応援をしたいと考えています。

また、仲間のみならず地域への援助・協力についても要請にこたえてゆきたいと
考えています。
3月11日に対策本部を統合本部に設置しましたが、本日以下のセンター事業団
東北事業本部メンバー8名を加え具体的な対応を検討した結果以下の通り執行
します。

現地メンバー:東北事業本部長・平山清一、事務局長・佐々木洋志、
古川事業所・佐藤和樹、大崎地域福祉事業所・岩淵隆児、関井豊規、
仙台若林事業所・有田祐子、大崎BDF事業所・湯ノ木大亮、佐々木逸人。

上記のメンバーが、陸路と空路に分かれ現地入りします。
現地に到着次第、現地対策本部を開設し、現地の状況を確認の上、全国へ応援を要請します。
上記メンバーの現地入り諸費用は統合本部が負担するものとして、3月12日朝から移動を開始します。
携帯電話が通じないことから、本部のアドレスを経由してメールで逐次、連絡を取り合います。
現時点での東北事業本部全組合員の安否を、関西事業本部の応援を借りて確認中です。

一部確認できない方がおられますので、何かご存知の方は本部へ情報をお寄せ下さい。

(企)石巻地方中高年雇用福祉事業団と(企)ビホロとは連絡が取れません。どなたか消息をご存知の方がおられましたら本部へご連絡下さい。

全国への応援要請は、現地の状況が分かり次第あらためてお願いします。
time2011-03-12 22:28